2016年11月10日

狭小スペースの活用

11月に入り、すっかり暗くなるのが早くなり、
コートを着ている人もちらほら見かけるようになってきました。
秋だ〜、とか言っているそばから、もう冬の気配が。
寒さに負けず頑張っておりますコインパーク中村です。鍋が食べたいです。

去る11月4日、私の担当物件の駐車場がオープンしましたので、
宣伝させていただきます。

コインパーク神田神保町3丁目 A−1831 
 東京都千代田区神田神保町3−11内

ビルの付帯駐車場(2台収容)の空いた1車室のみを時間貸として活用しています。

133.jpg

少ない台数の場合、採算が合わずコインパーキングは無理だろう、と思われがちですが、 弊社は小規模な物件も積極的に運営し、今回のような1台の時間貸駐車場も都内を中心に多く手がけています。

狭小スペースの活用や空車室でお悩みのオーナー様・管理会社様、
是非一度、コインパークに御相談いただけましたら有効活用のご提案をさせていただきます!
posted by コインパーク スタッフ at 09:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 千代田区・中央区・江東区エリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月26日

横浜スタジアム

こんにちは。
コインパーク横浜営業所、営業の池崎です!

こういうブログみたいなのは人生で初めて書きます。非常に貴重ですのでお時間がある方は最後まで読んでください。

私は生まれが川崎大師の周辺でして、現在横浜営業所で働く生粋(?)の神奈川っ子でございます。ということで今回は横浜の名所である「横浜スタジアム」をご紹介したいと思います!

みなさん行かれたことはありますか??
そうなんです!野球場です。野球を知らない方はあまりご興味がないかもしれませんが、「横浜スタジアム」での野球観戦は一種のアミューズメントなのです!!
どの辺が素晴らしいかをまとめます。

@ 崎陽軒のシュウマイ弁当たべながら(なんだかんだ食べてしまう)
A ビールの売り子さんが可愛い(あくまで個人的な意見です)
B ベイスターズ女子に出会える!?(私が行ったときには全然いませんでした)
そして何より極めつけは…
ベイスターズが勝利すると試合後に花火が上がります!!
IMG_0088.jpg
もちろん花火大会のような規模ではありませんが、演出もあり非常にきれいでした!
なのでデートにもお勧めかもしれません。

野球はルールなども多少難しくわからないから行かないという方もいらっしゃると思いますが、息のそろった大歓声の応援や、様々な演出で間違いなく楽しめると思います。
また、女性ファンが最近増えているらしく、女性向けの可愛いユニホームなども多く出ているみたいなのでご興味がある人は調べてみてください。

ちなみにせっかくこういう仕事をしておりますので、コインパーキングの豆知識を少々書かせていただきます。

【日本で一番高いコインパーキング】
私が今までこの仕事に携わってきた中で一番高かったのは1時間3,600円(10分600円)でした!これにはさすがに看板を2度見してしまいました。笑
場所は銀座の超一等地で運営会社は某大手さんでした。
※2年ほど前に見たので今はあるかわかりません。

【わかりにくい最大料金について】
私はこの仕事をしているのでぱっと看板を見ればどんな料金なのかはわかりますが、そうでない方はまだまだわかりにくいのが現状です。
この場をお借りして簡単にご説明したいと思います。

■24時間最大1,000円(12時間、3時間、6時間など)
→これは一番わかりやすく入庫してから○時間停めても1,000円の金額という意味です。

■(8〜20)時間内最大1,000円
→これは8時から20時までの時間内であれば何時間でも(この場合最大12時間)1,000円の金額になります。仮に1時間当たり300円の駐車場で19時に入庫した車があった場合、19時から20時の300円の後は20時以降最大料金がなくなってしまうので通常料金が延々と加算されてしまいます。

■当日最大1,000円
→これはその日付であれば何時間停めても1,000円の金額という意味です。つまり0時から24時までの時間内最大(最大24時間)という意味になります。
仮にある日の0時に入庫して24時前に出庫した車がいたら1,000円ですが、ある日の12時から次の日の12時に出庫した車がいれば同じ24時間なのに2,000円の料金になってしまうことがあります。

最大料金の繰り返し表記にご注意ください!!
上記に記載した最大料金は繰り返しの適応が駐車場によってない場合があります。
つまり最大料金が1回適応された後、延々と1時間当たりの単価の料金が加算されてしまいます。

もし、皆様がわかりにくい料金表記の駐車場に停める場合は料金看板の隅に24時間対応のコールセンターの番号が記載されておりますのでなんなりとお問い合わせください。
そういったご利用者様の声をご参考にさせていただいて、コインパーキングがご利用者様にわかりやすく使いやすい存在になれるよう日々努力していきたいと私は思っております。

最後に…「ベイバイク」ご存知ですか?
ベイバイク」とは??
横浜都心部に45か所のサイクルポートを設置して、どのサイクルポートからも貸出・返却ができる自転車シェアリングサービスです。
ドコモさんが運営主体となっているそうです。

やや登録が面倒なのですが、弊社(横浜営業所)でも導入いたしました。こういう仕事柄自転車を元の場所に戻さないといけないレンタサイクルより、どこに返却してもいい「ベイバイク」のほうが非常に利便性が高いです。
ぜひ皆様も観光やビジネスのお供にご利用されてみてはいかがでしょうか。
※ちなみに法人は月額4,000円で使い放題です。

最後までお読みいただきありがとうございました。
posted by コインパーク スタッフ at 12:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月25日

阪神甲子園球場

こんにちは!
今回初のブログ担当、コインパーク大阪支店筒井です!
お盆が明け、夜は少し涼しくなりましたが、日中はまだまだ暑いですね
昼夜温度差があるので、皆様体調にはお気をつけ下さい。

さて、題名にもしている「阪神甲子園球場」。
私の趣味は野球観戦です
先日まで高校野球がありましたが、球児たちのハツラツとしたプレーを見ていると
本当に気持ちいいですよね!
また、プロ野球も見逃せない試合が目白押しです!!!

そんな野球大好き人間の私が紹介したい弊社施設は、

コインパーク 南甲子園1丁目
兵庫県西宮市南甲子園1-2-4 (5台)

です。

阪神甲子園球場まで徒歩5分程の場所に位置しており、車で球場まで来られた
方にとても便利な場所にあります。
阪神甲子園球場付近で駐車場をお探しの方は是非ご利用下さい。

以上、筒井でした。

P7190093.JPG

※こちらは2014年撮影の写真になります。
イベント開催時には料金体系が変更致しますので現地看板をご確認下さい。

2016年08月03日

夏真っ盛り!

こんにちは!今回初ブログになります、コインパーク第一事業部営業課の河野です!

先日梅雨明けし、暑さが本格的になり夏真っ盛りですね!
私は太陽を浴びながら毎日仕事しているので、最近よく「焼けたね」や「黒いね」と言われます!
言葉の選択を間違った人には「汚い」とも言われました(涙)

私のように日焼けで黒くなるのは、紫外線A波(UVA)による「サンタン」が原因で、シワ・シミの原因に大きく関係しています。
この「サンタン」に効果的なのがビタミンCです。ビタミンCには抗酸化作用がありシワ・シミを防ぐ効果があると言われています。

ちなみに紫外線を浴びることにより人間の身体に必要なビタミンDが作られます。ビタミンDはカルシウムの体内吸収を促進したり、体内免疫の向上を図ると言われてます。

太陽を浴びた方が良いと言われているのはこのためなのですね。
毎日暑いですが、紫外線対策・ケア、水分補給などをしっかり行い太陽の下で思いっきり夏を楽しみましょう!!


IMG_7257.jpg
posted by コインパーク スタッフ at 09:56| Comment(0) | TrackBack(0) | スタッフ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月15日

梅雨だ!夏だ!リワーディングってなんだ!

こんにちは!
コインパーク第2事業の吉川武史です!
早くも梅雨明け?最近は暑かったり、急に冷え込んだりと季節の変わり目を感じています😌
今年の夏は暑くなるらしいですが

さてこれからは海へ行ったり、山へ行ったりと、レジャーシーズン突入です。
それに伴い駐車場の利用も増えて来ます!
最近では駐車場不足から、行く先で駐車場を見つけられないという話をよく聞きます。
そんな話を聞いていると「なんとかしたい!」とこの仕事へのやりがいをますます感じます。
ちなみに、英語でやりがいのことを「rewarding(リワーディング)」といいます。
やりがいというよりは、報われると訳されることも多いですが。。。覚えておくと便利ですよ^ ^

話がそれてしまいましたが、みなさまに愛される駐車場が増やせるように、これからも一生懸命頑張りたいと思います😊
みなさま、暑い日が続くので体調管理には気をつけてくださいね!

それではまた!
posted by コインパーク スタッフ at 17:58| Comment(0) | TrackBack(0) | スタッフ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする